セダン版 GT-R、インフィニティ Q50 オールージュ…名前の由来となったサーキットに到着

自動車 ニューモデル 新型車
ベルギーのスパ・フランコルシャンに到着したインフィニティ Q50 オールージュ
  • ベルギーのスパ・フランコルシャンに到着したインフィニティ Q50 オールージュ
日産自動車の海外向け高級車ブランド、インフィニティの『Q50』(日本名:新型日産『スカイライン』)をベースにした高性能コンセプトカー、『Q50オールージュ』。同車が、その名前の由来となったサーキットに到着した。

Q50オールージュは2014年1月、新型日産スカイラインの海外仕様車、インフィニティQ50をベースにした高性能コンセプトカーとして、初公開。2014年3月のジュネーブモーターショー14では、パワートレインが日産『GT-R』から移植されると公表された。

Q50オールージュのパワートレインは、日産GT-Rベースの3.8リットル(排気量3799cc)V型6気筒ツインターボ。最大出力は568ps、最大トルクは61.2kgmを引き出す。トランスミッションは7速。駆動方式は、前後トルクを50対50に配分するフルタイム4WD。0-96km/h加速4秒以下、最高速290km/hという優れた性能を実現する。

8月20日、インフィニティは、Q50 オールージュが、その名前の由来となったサーキットに到着した、と発表。このサーキットは、ベルギーのスパ・フランコルシャン。その有名なコーナーの名前が、「オールージュ」。

このスパ・フランコルシャンにおいて、インフィニティのディレクター・オブ・パフォーマンスを務めるF1ドライバー、セバスチャン・ベッテル選手が、Q50 オールージュをテスト。インフィニティは、「その様子を公式サイトで公開する」と説明している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集