【マツダ デミオ 歴代モデル】コンパクトへの転身、SKYACTIV第一号の3代目[写真蔵]

自動車 ニューモデル 新型車
マツダ デミオ 3代目
  • マツダ デミオ 3代目
  • マツダ デミオ 3代目
  • マツダ デミオ 3代目
  • マツダ デミオ 3代目
  • マツダ デミオ 3代目
  • マツダ デミオ 3代目
  • マツダ デミオ 3代目
  • マツダ デミオ 3代目
先日、第4世代となるマツダ『デミオ』プロトタイプが発表された。1995年8月27日に初代が発売されて以来、時代のニーズに合わせてかたちを変え、進化を続けてきたデミオ。新型が発売される前に歴代モデルを写真で振り返る。

スペースと実用性を最大限追求した初代、2代目のコンセプトから大きく方向転換をし、コンパクトなハッチバックタイプのボディへと変貌した3代目。ライバルの多くがボディを大型する中、全長、全高を縮小し、2代目から100kg軽量化を果たした。

世界での評価が高かったのも3代目の特徴である。販売を開始した2007年には、初代に引き続きRJCカー・オブ・ザ・イヤーを受賞したほか、欧州カー・オブ・ザ・イヤーで2位を獲得。翌2008年には2007年度のワールド・カー・オブ・ザ・イヤーを受賞した。

同社の『ミレーニア』以来となるミラーサイクルエンジンを搭載したことでも話題となったが、2011年のマイナーチェンジでは、マツダ車として初めてスカイアクティブテクノロジーを搭載した「SKYACTIV-G 1.3」が登場。アイドリングストップ機構「i-stop」の採用と合わせ、燃費はハイブリッド車種並み(当時)の30km/リットル(10・15モード燃費)を達成した。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集