ホンダの中古車7車種、10代後半のドライバーに勧められる安全な車に選出…米IIHS

自動車 ビジネス 海外マーケット
先代ホンダ・アコード(日本名:インスパイア)
  • 先代ホンダ・アコード(日本名:インスパイア)
  • ホンダ CR-V
  • 先代ホンダオデッセイ(北米専用車)
ホンダの米国法人、アメリカンホンダは6月16日、米国IIHS(高速道路安全保険協会)から、ホンダの中古車7車種が、「10代後半のドライバーに勧められる安全な車」に認定されたと発表した。

IIHSでは、運転免許を取得したばかりの10代後半のドライバーに車を買い与える親が、中古車の選択の参考になるようにと、「10代後半のドライバーに勧められる安全な車」リストを公表。IIHSがこのようなリストを発表するのは、今回が初めて。

米国の電話調査によると、10代後半のドライバーを持つ親の83%が、子どもの最初のマイカーに中古車を購入した、と回答しているという。そこでIIHSでは、2万ドル(約200万円)以下、1万ドル(約100万円)以下、の2つのカテゴリーで、10代後半のドライバーに勧められる安全な車を選出した。

ホンダ車からは、2万ドル(約200万円)以下の部門で、『アコードセダン』(2012年モデル以降)、『アコードクーペ』(2013-2014年モデル)、『CR-V』(2012年モデル以降)、『エレメント』(2007年モデル以降)、『オデッセイ』(2011年モデル以降)が選出。

1万ドル(約100万円)以下の部門では、『パイロット』(2006年モデル以降)、『オデッセイ』(2005-2010年モデル)の合計7車種が選ばれた。

アメリカンホンダは、「IIHSから選出された7車種は、全てトラクションコントロール付きVSAを標準装備。IIHSの前面衝突テストでも、良い結果を残している」とコメントしている。
《森脇稔》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース