トヨタ自動車、仏グルノーブル市のカーシェア実証実験に参画…70台の超小型EVを提供

エコカー EV
シテリブ・バイ・ハーモ
  • シテリブ・バイ・ハーモ
  • 充電ステーション配置図
  • コムス
  • i-ROAD
  • シテリブ・バイ・ハーモ
  • シテリブ・バイ・ハーモ
  • シテリブ・バイ・ハーモ
  • シテリブ・バイ・ハーモ
トヨタ自動車は、仏グルノーブル市、グルノーブル都市圏共同体、シテ・リブ社、フランス電力公社(EDF)が10月より行う、公共交通機関と連携したカーシェアリングサービス「Citelib by Ha:mo(シテリブ・バイ・ハーモ)」の実証実験に参画すると発表した。

今回のプロジェクトは、フランス南東部のグルノーブル市において、3年間の計画で実施する、超小型EVによるセルフサービスのカーシェアリング実証実験。トヨタは、超小型EV『コムス』と『i-ROAD』計70台を提供する。また、車両の予約や、車両の位置や空車状況を確認するITシステムも開発。同システムは、グルノーブル都市圏共同体による、公共交通機関を含む経路検索システム「Station Mobile」とも連携する。本プロジェクトは2件目のHa:moプロジェクト(Harmonious Mobility Network)で、海外では初めてとなる。

一方、EDFは約30か所の充電ステーションを提供。またEDFの完全子会社であるソデトレル社が、EVやPHVの充電インフラの管理・運営を担当する。新システムは、シテ・リブ社によるカーシェアリングサービスに組み込まれ、従来の返却利用に加えて、ワンウェイ利用(乗り捨て)も可能となる。

今回のプロジェクトでは、小型EVによる移動と、トラムやバス、鉄道などの公共交通機関の連携を促進させることが目的。よりフレキシブルに、時間をより節約しつつ移動できるように、最終目的地と公共交通機関最寄り駅との数km程度の移動を可能とし、交通渋滞の緩和や、都心部の大気環境の改善に寄与する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • マレーシア初のEVカーシェア、8月導入へ…2020年に3500台 画像 マレーシア初のEVカーシェア、8月導入へ…2020年に3500台
  • 日本ユニシス、EVカーシェアリングに参入…事業者間連携も提案 画像 日本ユニシス、EVカーシェアリングに参入…事業者間連携も提案
  • 豊田通商、刈谷市と共同でEVシェアリングシステムの実証実験を開始 画像 豊田通商、刈谷市と共同でEVシェアリングシステムの実証実験を開始
  • 超小型EVによるカーシェアリング チョイモビ ヨコハマ、会員登録者数が1か月で2700人を突破 画像 超小型EVによるカーシェアリング チョイモビ ヨコハマ、会員登録者数が1か月で2700人を突破

特集