【釜山モーターショー14】ヒュンダイ、最上級FFサルーン「AG」初公開

自動車 ニューモデル モーターショー

ヒュンダイ AG(釜山モーターショー14)
  • ヒュンダイ AG(釜山モーターショー14)
  • ヒュンダイ AG(釜山モーターショー14)
韓国のヒュンダイモーター(現代自動車、以下、ヒュンダイ)は5月29日、韓国で開幕した釜山モーターショー14において、新型車の『AG』を初公開した。

AGは、韓国国内向けに開発された高級サルーン。ヒュンダイのラインナップでは、『ジェネシス』の下に位置するFF駆動のフラッグシップセダンとなる。

なお、釜山モーターショー14では、ヒュンダイはAGの外観のみを公開。パワートレインやインテリアに関しては、明らかになっていない。

AGの外装デザインには、ヒュンダイのデザイン言語、「フルーデリック・スカルプチャー」(流体彫刻)の最新版、「フルーデリック・スカルプチャー2.0」を採用。ロングノーズにボディサイド全体を貫くキャラクターラインが特徴。

ヒュンダイは2014年後半、AGを韓国市場に投入する計画。同社は、「外観はシンプルかつエレガント。静かで洗練された快適なドライブを提供する」と説明している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集