【新聞ウォッチ】チャデモ協議会、EV充電器の普及拡大へ「法人化」目指す

モータースポーツ/エンタメ 出版物

EVの充電(イメージ)
  • EVの充電(イメージ)
  • 欧州累計1000基目となった英国のCHAdeMO(チャデモ)ステーション
  • イオンモール幕張新都心に設置した急速充電器、普通充電器、充電コントローラ
気になるニュース・気になる内幕---今日の朝刊(朝日、読売、毎日、産経、東京、日経の各紙・東京本社発行最終版)から注目の自動車関連記事をピックアップし、その内幕を分析するマスコミパトロール。


2014年5月21日付

●TPP大筋合意へ前進閣僚会合閉幕7月首席官会合(読売・1面)

●ピーチ欠航最大2128便 (読売・8面)

●日本企業社員自宅待機も、タイ戒厳令工場操業は影響なし(読売・9面)

●トヨタ、新素材でパワー半導体、燃費改善効果10%めざす (朝日・6面)

●バイク離れ「ブレーキを」業界ライダー若返りめざす( 朝日・7面)

●損保3大手最高益、駆け込み需要、自動車保険が好調 (毎日・4面)

●自動車4社、EV充電器普及へ新会社 (産経・10面)

●中部日本高速社長中部電の宮池氏(産経・10面)

●ホンダ、小型ジェット量産開始(産経・10面)

●カーナビ先端機能で逆襲、パイオニアガラスに情報表示、クラリオン会話感覚で店検索(日経・11面)

●ロードスター25周年記念車、マツダ発売(日経・11面)

●守るヤマト攻める郵便、宅配、シェア激変も(日経・13便)

●車部品,系列メーカー苦戦、今期国内生産縮小、競争も激化(日経・15面)

ひとくちコメント

電気自動車(EV)の急速充電器の規格化や普及に取り組む「チャデモ協議会」の定時総会が東京・お台場の東京ビッグサイトで開かれた。

発足から5年目を迎えるが、志賀俊之会長(日産自動車副会長)は「チャデモの発展、拡張などを図ために、現在の任意団体から法人化を目指したい」とする方針を明らかにした。

トヨタ自動車、日産自動車、ホンダ、三菱自動車の4社が共同出資してEVの充電インフラを整備する新会社を設立する意向で、異なるなる事業者の有料充電サービスを利用できる共通カードの発行や、ユーザーからの問い合わせに迅速に対応するためのコールセンターを設置する計画だ。きょうの産経が取り上げている。

チャデモの規格は、欧米自動車メーカーが提唱した「コンバインドチャージングシステム(コンボ)規格」とともにIEC(国際電気標準会議)の国際標準として承認された。現在、チャデモ規格の急速充電器の設置数は世界で3688基、このうち日本は1967基に増加した。

志賀会長も「増えていく数字を眺めるのが楽しみ」というが、設置には1000万円近い投資が必要であり普及はイマイチ。新年度からは、家庭などで使う「V2H技術」の普及にも積極的に取り組む計画であり、今後のチャデモの活動そのものが、足踏み状態のEVの普及にも大きな影響を与えることは間違いない。
《福田俊之》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集