アウディ A3 セダン に最強の「クラブ スポーツ クワトロ」…2.5ターボは525ps

自動車 ニューモデル 新型車

アウディ A3 クラブ スポーツ クワトロ
  • アウディ A3 クラブ スポーツ クワトロ
  • アウディ A3 クラブ スポーツ クワトロ
  • アウディ A3 クラブ スポーツ クワトロ
  • アウディ A3 クラブ スポーツ クワトロ
  • アウディ A3 クラブ スポーツ クワトロ
  • アウディ A3 クラブ スポーツ クワトロ
  • アウディ A3 クラブ スポーツ クワトロ
  • アウディ A3 クラブ スポーツ クワトロ
ドイツの高級車メーカー、アウディは5月15日、コンセプトカーの『A3クラブ スポーツ クワトロ』の概要を明らかにした。実車は5月28日、オーストリアで開幕する「Wortherseeツアー」で初公開される。

Wortherseeツアーは、毎年恒例のフォルクスワーゲングループのファン感謝イベント。今年で35回目を数え、フォルクスワーゲングループの各ブランドが参加し、盛り上がりを見せる。

今年のWortherseeツアーにおいて、アウディが初公開するA3クラブ スポーツ クワトロは、新型『A3セダン』の高性能車、『S3セダン』をベースに、究極のパフォーマンスを追求したコンセプトカー。そのハイライトは、パワフルなエンジンにある。

心臓部には、アウディ『RS Q3』用の直噴2.5リットル直列5気筒ガソリンターボ「TFSI」エンジンを搭載。大容量ターボチャージャーやインタークーラー改良などの専用チューニングによって、最大出力525ps、最大トルク61.2kgmを引き出す。

トランスミッションは7速Sトロニック。駆動方式は4WDのクワトロ。サスペンションやブレーキなど、足回りも強化された。車両重量は1527kg。A3クラブ スポーツ クワトロは、0-100km/h加速3.6秒、最高速310km/hの優れたパフォーマンスを実現する。

内外装は、専用仕立て。とくに、大きな開口部を持つフロントグリルやエアロパーツが、迫力を演出する。高速域からの制動距離を短縮するエアブレーキも採用。ボンネットフードやバケットシートには、軽量なCFRP(カーボンファイバー強化樹脂)素材が使用されている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集