【JNCAP】「5年は出てこない」予想を覆し、N-WGNが軽初の5つ星

自動車 テクノロジー 安全

ホンダ N-WGN
  • ホンダ N-WGN
  • ホンダは「N-WGN」、「フィット」、「アコード ハイブリッド」の3車がファイブスターを獲得。
  • 「5年は出てこないだろう」と言われていた軽自動車でのファイブスター獲得を成し遂げ、N-WGN開発担当の人見康平LPLは喜びを爆発させた。
  • 記念のトロフィーを掲げる人見LPL。
  • ホンダの技術とリソースを惜しみなく投入した。
平成23年(2011年)に乗員保護だけでなく、歩行者保護も含めた「新・安全性能総合評価」が導入され、5つ星(ファイブスター)獲得のハードルが高くなったことで「軽自動車は5年ぐらいファイブスターの獲得は無理なのではないか」と言われてきた。

ところがその予想を覆し、ホンダ『N-WGN』はわずか2年でファイブスター獲得を成し得てしまった。さらに208点中178.8点という高得点を記録。軽自動車初のファイブスターということで、JNCAP大賞にも選出された。

N-WGNの開発を担当した本田技術研究所 4輪R&Dセンターの人見康平LPLは「軽自動車は厳密に定められた枠があり、その中で最善を求めることになるので普通車よりもハードルが高い。安全性能を実現させるためにはお金も掛かる。しかし、ホンダはそれができる企業風土があり、技術もあった。それが軽自動車初のファイブスターという結果に結びついたと考えています」と喜びを爆発させた。

「軽自動車は運転が苦手な人がチョイスすることも多いので、そういった意味で安全性能を疎かにはできない。軽自動車は普通車よりも小さいですが、歩行者にとっての脅威であることは変わらない。今回のファイブスターに慢心することなく、今後の開発でもホンダは安全性能を追求していきます」と人見LPLは言う。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集