トヨタ 新型パッソ、ガソリンエンジン登録車トップの低燃費…27.6km/リットル

自動車 ニューモデル 新型車
トヨタ・パッソ
  • トヨタ・パッソ
  • トヨタ・パッソ
  • トヨタ・パッソ
  • トヨタ・パッソ
  • トヨタ・パッソ
  • トヨタ・パッソ
  • トヨタ・パッソ
  • トヨタ・パッソ
トヨタ自動車は、コンパクトカー『パッソ』をマイナーチェンジし、4月14日より販売を開始した。

今回のマイナーチェンジでは低燃費を追求し、1リッター2WD車(除くX Vパッケージ)でガソリンエンジン登録車トップの27.6km/リットル(JC08モード)を実現。従来型から燃費を約30%向上し、2015年度燃費基準+20%を達成するとともに、2005年基準排出ガス75%低減レベルの認定を取得し、エコカー減税の免税措置の対象となっている。さらに4WD車においても燃費を向上し、減税対象となった。

具体的には、最大熱効率37%を実現した1リッター高熱効率・低燃費エンジンを搭載。圧縮比の向上、低フリクション化、バルブタイミングの最適化を図ったほか、クールドEGR、エキゾーストマニホールド一体型シリンダーヘッドの採用により、熱効率を最大化。さらに、減速時のエネルギーをバッテリーにためる回生機能の強化や空力性能の改善を施すとともに、1リッター・2WD車(除くX Vパッケージ)に停止前車速約9km/hでエンジンを停止するアイドリングストップ機能を標準装備するなど、燃費向上技術を多数採用している。

また、デザインでは「パッソ X、G」と「パッソ +Hana」の2つの個性を追求。「パッソ X、G」はワイド感と低重心を強調したフロントバンパーや切れ長感のあるヘッドランプにより、端正なフロントビューを実現。「パッソ +Hana」は丸いモチーフのアッパーグリルやフォグランプとロアグリルを連続させた特徴的なデザインを採用するなどかわいらしさを表現。2つの個性を際立たせるとともに、上級仕様の「Gパッケージ」をそれぞれに設定するなど、選択肢を広げた。

そのほか、全車にVSC&TRCや緊急ブレーキシグナルを標準装備し、安心・安全性を向上するとともに、オート電動格納式ドアミラーやスーパーUVカット・IRカット機能付フロントドアガラスを新設定するなど、快適性の高い仕様としている。

価格は109万8655円から165万2400円。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース