【ジュネーブモーターショー14】レンジローバー イヴォーク に頂点、オートバイオグラフィ・ダイナミック…285psターボ

3月4日、スイスで開幕したジュネーブモーターショー14。英国の高級SUVメーカー、ランドローバーのブースでは、最強のレンジローバー『イヴォーク』がデビューを飾った。

自動車 ニューモデル 新型車
レンジローバー イヴォーク オートバイオグラフィ・ダイナミック(ジュネーブモーターショー14)
  • レンジローバー イヴォーク オートバイオグラフィ・ダイナミック(ジュネーブモーターショー14)
  • レンジローバー イヴォーク オートバイオグラフィ・ダイナミック(ジュネーブモーターショー14)
  • レンジローバー イヴォーク オートバイオグラフィ・ダイナミック(ジュネーブモーターショー14)
  • レンジローバー イヴォーク オートバイオグラフィ・ダイナミック
  • レンジローバー イヴォーク オートバイオグラフィ・ダイナミック
  • レンジローバー イヴォーク オートバイオグラフィ・ダイナミック
  • レンジローバー イヴォーク オートバイオグラフィ・ダイナミック
  • レンジローバー イヴォーク オートバイオグラフィ・ダイナミック
3月4日、スイスで開幕したジュネーブモーターショー14。英国の高級SUVメーカー、ランドローバーのブースでは、最強のレンジローバー『イヴォーク』がデビューを飾った。

その最強モデルとは、イヴォークの「オートバイオグラフィ・ダイナミック」。イヴォークに、「オートバイオグラフィ」の名を冠したモデルが設定されるのは、今回が初。最上級SUVの『レンジローバー』とは異なり、「ダイナミック」の名前が付けられた。

オートバイオグラフィ・ダイナミックは、イヴォークで最もパフォーマンスを重視したフラッグシップモデルに位置付け。2.0リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンには、専用チューニングが施された。その結果、最大出力は45ps高められ、285psを獲得。最大トルクも6.1kgm強化され、40.8kgmを引き出す。

オートバイオグラフィ・ダイナミックでは、専用エアロパーツやフロントグリルを採用。宝石をモチーフとしたヘッドライトやテールランプも専用だ。20インチのアルミホイールも、オートバイオグラフィ・ダイナミック専用。シートはスポーツまたはプレミアムタイプから選択できる。

ZF製の9速ATも、レスポンスの向上などの専用チューンを受けた。通常はオプションの「アクティブドライブライン」が標準化され、優れたトラクション性能を発揮する。この他、ローター径350mmのブレーキをはじめ、サスペンション、ステアリング系統も強化されている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集