【ジュネーブモーターショー14】サンクの再来? リアエンジンに生まれ変わったルノー トゥインゴ[詳細画像]

自動車 ニューモデル ショーカーライブラリー

ルノー・新型トゥインゴ(ジュネーブモーターショー14)
  • ルノー・新型トゥインゴ(ジュネーブモーターショー14)
  • ルノー・新型トゥインゴ(ジュネーブモーターショー14)
  • ルノー・新型トゥインゴ(ジュネーブモーターショー14)
  • ルノー・新型トゥインゴ(ジュネーブモーターショー14)
  • ルノー・新型トゥインゴ(ジュネーブモーターショー14)
  • ルノー・新型トゥインゴ(ジュネーブモーターショー14)
  • ルノー・新型トゥインゴ(ジュネーブモーターショー14)
  • ルノー・新型トゥインゴ(ジュネーブモーターショー14)
3月4日、スイスで開幕したジュネーブモーターショー14。フランスの自動車大手、ルノーのブースの主役は、新型『トゥインゴ』が務めた。

新型のボディサイズは、全長3590×全幅1640×全高1550mm、ホイールベース2490mm。最小回転半径は4.3mと、取り回し性能に優れる。また、エンジンはリアに搭載されるが、荷物スペースの床は完全に平らで、通常のFFハッチバックと変わらない。
《ショーカーライブラリー》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集