GMのリコール、162万台に拡大…死者13名と公表

自動車 テクノロジー 安全

シボレーHHR
  • シボレーHHR
  • サターン スカイ
  • シボレー・コバルト
  • ポンティアック ソルスティス
米国の自動車最大手、GMが北米市場で行う大規模リコール(回収・無償修理)。このリコールが、さらに拡大し、死者が出ていることも公表された。

このリコールは2月14日、米国NHTSA(運輸省道路交通安全局)が明らかにしたもの。イグニッションキーの不具合が原因で、NHTSAによると、走行中にイグニッションキーが勝手に回り、エンジン停止またはアクセサリーの位置へ。この状態で衝突事故が起きた場合、エアバッグが展開せず、乗員が負傷するリスクがあるとしていた。

リコールの対象になるのは、2005‐2007年モデルのシボレー『コバルト』と、ブランド廃止となったポンティアックの『G5』の2007年モデル。米国で販売された61万9122台、カナダなど周辺国を含めた北米全体では、77万8562台がリコールに該当する。

2月25日、GMはこのリコールの対象車種を拡大すると発表。2003-2007年モデルのサターン『アイオン』、2006-2007年モデルのシボレー『HHR』、2006-2007年モデルのポンティアック『ソルスティス』、2007年モデルのサターン『スカイ』が加わった。米国では合計136万7146台へ拡大し、全世界では約162万台へ膨らんだ。

またGMは、この不具合に起因して、死者が出ていることも公表。前面衝突事故でフロントエアバッグが開かなかったケースが31件あり、このうち13名が死亡したという。

GM北米部門のアラン・ベイティ社長は、「顧客の安全を確保するのが最優先課題。今回の件は、大変申し訳ない。できる限り早期にこの問題を解決するべく努力している」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集