三菱 RVR、米国でリコール…運転席サイドエアバッグが開かない恐れ

自動車 テクノロジー 安全
三菱アウトランダースポーツ(日本名:RVR)の2013年モデル
  • 三菱アウトランダースポーツ(日本名:RVR)の2013年モデル
  • 三菱アウトランダースポーツ(日本名:RVR)の2013年モデル
  • アウトランダースポーツ(日本名:RVR)
三菱自動車の米国市場における主力車種、『RVR』(現地名:『アウトランダー スポーツ』)。同車が米国において、リコール(回収・無償修理)を行うことが分かった。

これは2月21日、米国NHTSA(運輸省道路交通安全局)が明らかにしたもの。三菱自動車の米国法人、三菱モータースノースアメリカから、アウトランダー スポーツに関するリコールの届け出を受けたと公表している。

今回のリコールは、運転席サイドエアバッグの不具合が原因。NHTSAによると、アウトランダー スポーツのレザーシート装着車は、製造工程で運転席の骨格にレザーを被せる際、配線に誤りがあり、事故の際、運転席サイドエアバッグが展開しない恐れがあるという。

リコールの対象となるのは、2013年モデルのアウトランダー スポーツの一部。2012年7月下旬から、2013年5月末にかけて生産され、米国で販売された733台が該当する。なお、米国向けのアウトランダースポーツは2012年7月から、米国イリノイ工場での現地生産に切り替えた。

三菱モータースノースアメリカでは、対象車の顧客に連絡。販売店で点検を行い、必要なら、運転席サイドエアバッグを交換するリコール作業を行うとしている。
《森脇稔》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース