東芝、車両接近通報装置向けオーディオパワーICの量産出荷を発表…EV走行の安全性向上

自動車 ビジネス 企業動向
東芝のオーディオパワーIC『TB2909FNG』
  • 東芝のオーディオパワーIC『TB2909FNG』
東芝は2月18日、ハイブリッド車(HEV)や電気自動車(EV)の車両接近を歩行者に通報する装置向けの外部音声主力用オーディオパワーIC『TB2909FNG』を製品化し、量産出荷を開始すると発表した。

HEVやEVでは、エンジンを使用しないEV走行中には一般のエンジン車のようなエンジン音を出さないので、歩行者が車両の接近に気づきにくい、という問題がある。そこで、EV走行中に疑似エンジン音を出して、歩行者に車の接近を知らせる装置を搭載することが考えられている。

今回のオーデイオパワーICの特徴は、110度での動作を保証して、高温化での安定性の要求に応えた点だ。さらに、検出機能や保護機能を内蔵しており、装置の安全性と小型化のも貢献できる、という。
《山内 博》

編集部おすすめのニュース

  • 東芝、車載用ビューカメラ向けCMOSイメージセンサ「TCM5126GBA」のサンプル出荷を開始 画像 東芝、車載用ビューカメラ向けCMOSイメージセンサ「TCM5126GBA」のサンプル出荷を開始
  • 東芝、電源出力の監視機能を強化した車載向けシステムICを発売 画像 東芝、電源出力の監視機能を強化した車載向けシステムICを発売
  • 国交省、電気自動車による地域交通グリーン化事業の公募を開始 画像 国交省、電気自動車による地域交通グリーン化事業の公募を開始
  • 【新聞ウォッチ】徹底比較、電気自動車 VS 燃料電池車…次世代エコカーの主役は? 画像 【新聞ウォッチ】徹底比較、電気自動車 VS 燃料電池車…次世代エコカーの主役は?

特集

おすすめのニュース