フォルクスワーゲンの市販EV第二弾、e-ゴルフ …ドイツで発売

エコカー EV

欧州の自動車最大手、フォルクスワーゲンは2月14日、『e-ゴルフ』をドイツで発売した。

e-ゴルフは、新型『ゴルフ』をベースに開発された市販EV。2013年9月、フランクフルトモーターショー13でワールドプレミアされた。

EVパワートレインは、モーターが最大出力115ps、最大トルク27.5kgmを発生。二次電池は、蓄電容量24.2kWhのリチウムイオンバッテリー。動力性能は、0-100km/h加速10.4秒。1回の充電で最大190km走行できる。急速チャージャーを使えば、80%のバッテリー容量を30分で充電可能。また、LEDヘッドライトが標準装備されるのは、他のゴルフとの識別点になる。

2月14日、ドイツで発売された『e-ゴルフ』は、フォルクスワーゲンとしては『e-up!』に続く市販EV第二弾。ドイツでのベース価格は、3万4900ユーロ(約487万円)と公表された。

フォルクスワーゲンは、「バッテリーの保証は、8年間または走行16万kmまで」と説明している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集