【シカゴモーターショー14】ダッジ ジャーニー に「クロスロード」…オフロードテイスト強調

自動車 ニューモデル 新型車

ダッジ ジャーニー クロスロード
  • ダッジ ジャーニー クロスロード
  • ダッジ ジャーニー クロスロード
  • ダッジ ジャーニー クロスロード
  • ダッジ ジャーニー クロスロード
  • ダッジ ジャーニー クロスロード
  • ダッジ ジャーニー クロスロード
  • ダッジ ジャーニー クロスロード
  • ダッジ ジャーニー クロスロード
米国の自動車大手、クライスラーグループのダッジブランドは1月31日、米国で2月6日に開幕するシカゴモーターショー14において、『ジャーニー・クロスロード』を初公開すると発表した。

ダッジ『ジャーニー』は2007年秋、フランクフルトモーターショー07でデビュー。『アベンジャー』の車台をベースに開発されたクロスオーバー車だ。日本市場にも2009年1月、ダッジ『JC』の名前で導入されている。

シカゴモーターショー14で初公開されるジャーニー・クロスロードは、ジャーニーにさらなるオフロードテイストを付加したモデル。

外観は、バンパーガード一体デザインのフロントバンパーをはじめ、専用サイドシル、アンダーガード付きリアバンパーを採用。ヘッドランプとテールランプはダーク化され、19インチのブラック塗装アルミホイールが、足元を引き締める。

室内は、ダッシュボードを「リキッドグラファイト」と呼ばれる新仕様で仕上げた。「Uコネクト」と呼ばれる8.4インチのタッチスクリーンも標準装備。新デザインのブラックレザーシートには、ライトスレートグレーのアクセントステッチが添えられた。

パワートレインは、2.4リットル直列4気筒ガソリンが標準で、最大出力173ps、最大トルク23kgmを発生。オプションで3.6リットルV型6気筒ガソリン「ペンタスター」も選択でき、最大出力283ps、最大トルク36kgmを引き出す。駆動方式には、4WDも用意されている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集