ホンダ、新型50ccスクーター ダンク 発売…新開発eSPエンジン搭載

モーターサイクル 新型車

ホンダは、上質感のあるスタイリングと、力強い出力特性で環境性能にも優れた新開発エンジンを採用した新型原付スクーター『ダンク』を2月20日に発売する。

「若者の通学や通勤、さらには普段の生活の楽しみを広げるスクーター」をテーマに設定し、若者がスクーターを活用している状況や、スクーターに求めるデザインと使い勝手などについて徹底的にリサーチ。気軽に上質な移動を楽しんでもらいたいという想いを込めて、開発コンセプトを「プレミアムスニーカー」と定め、昨年の東京モーターショーで公開した。

スタイリングは、若者の感性に訴えかけるプレーンで無駄のない面で構成。ボディーサイドにモールを大胆にあしらうことで、上質感と個性を主張している。また、着座位置の自由度が高いロングシートやフラットで広いフロアなどにより、リラックスしたライディングポジションを可能としている。

エンジンは、低フリクション技術を多岐にわたって採用した新開発エンジンeSPを50ccクラスに初めて搭載。電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)とアイドリングストップシステムの採用などにより、力強い出力特性と、30km/h定地走行テスト値で75.3km/リットルという優れた燃費性能を両立している。

アイドリングストップシステムには、従来のシステムにエンジン始動時のバッテリー電圧を検知するシステムを追加。バッテリー電圧が低下している場合は、アイドリングストップ機能を停止し、バッテリー上がりの抑止に貢献する。

価格は20万8950円。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集