【デトロイトモーターショー14】レクサス スポーツクーペに最強モデル RC F…5.0リットルV8は450ps以上

自動車 ニューモデル 新型車
レクサス RC F
  • レクサス RC F
  • レクサス RC F
  • レクサス RC F
  • レクサス RC F
  • レクサス RC F
  • レクサス RC F
  • レクサス RC F
  • レクサス RC F
レクサスは1月14日、米国で開催中のデトロイトモーターショー14において、『RC F』を初公開した。

2013年11月、レクサスは東京モーターショー13において、新型クーペの『RC』を発表。このRCの頂点に立つ高性能グレードが、RC F。『LFA』や『IS F』に続いて、「F」の名前を冠したレクサスのハイパフォーマンスモデルに位置付けられる。

ベース車両のRCとの違いは、メッシュパターンの専用グリル、19インチの大径ホイール&タイヤ、エアスクープ、冷却ダクトなど。前後フェンダーのエアアウトレットは、Lシェイプ。マフラーはIS Fをモチーフにした4本デザインとした。カーボンファイバー製パーツも用意。ボンネットフードは、高さを引き上げた専用デザインとした。

アクティブリアスポイラーも設定。これはLFAの技術を応用したもので、速度に応じて作動。80km/hでリアスポイラーが立ち上がり、40km/hに速度が落ちると格納される。レクサスは、「高速域でのトラクションと安定性を引き上げる効果がある」と説明する。

室内は、メーター、ステアリングホイール、シート、ペダルなどを専用デザイン。新開発のシートは、サポート性を高めた形状とした。メーターは、4種類のドライビングモードによって表示が切り替えられる。パドルシフト付きのステアリングホイールは、グリップ部の太さを最適化。ブレーキとアクセルペダルには、L字型のゴムスリットが付く。

今回、レクサスは、デトロイトモーターショー13の会場で、RC Fのパワートレインを発表。これまで、エンジンは、「V8」とだけ公表されていたが、新開発の排気量5.0リットルのアトキンソンサイクルユニットで、最大出力450ps以上、最大トルク53kgm以上と告げられた。

このエンジンは、現行レクサス『IS F』の2UR-GSE型直噴5.0リットル V型8気筒ガソリン(最大出力430ps、最大トルク51.5kgm)に対して、20ps以上、1.5kgm以上の性能アップを実現した計算。RC Fはレクサス史上、最もパワフルなV8エンジンを搭載することになる。

トランスミッションは、パドルシフト付きの8速「SPDS」(スポーツ・ダイレクト・シフト)。0-96km/h加速はIS Fの4.6秒よりも速いタイムを目標としており、最高速は270km/h(リミッター作動)の予想スペックが公表されている。
《森脇稔》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース