【マツダ アクセラ 新型】走行時のフィーリングは“手のひら感”が魅力

自動車 ニューモデル 新型車
マツダ アクセラ
  • マツダ アクセラ
  • マツダ アクセラ
  • マツダ アクセラ
  • マツダ アクセラ
  • マツダ アクセラ
  • マツダ アクセラ
  • マツダ アクセラ
  • マツダ アクセラ
マツダは、先代『アクセラ』を含め、スポーティ路線をたどって来ていると同時に、“人馬一体”という、人間の感覚になるべくニュートラルにクルマを動かそうという目標をもとに、新型アクセラも、それに則って開発された。

そう話すのは、マツダ車両開発本部操安性能開発部操安性能開発グループの青木智朗さん。しかし、「スポーティでかつ人間の感覚に合う領域は、『CX-5』、『アテンザ』、『アクセラ』それぞれ違うと思っている」と述べ、新型アクセラの魅力は、「“軽快感”という表現が一番当てはまると思う」という。

そして青木さんは、「クルマを走らせた時のフィーリングを“手のひら感”という言葉で表現しており、自分が(クルマの)全てを、自分の手の内でコントロールできるような、そういう感覚がアクセラの生命線だと思う」と話す。

新型アクセラは、「人馬一体のフィールを出しながら、軽快さも持ち合わせることが、アクセラが出すべき領域だと考えており、我々が持っているイメージとも重なるのだ」と語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集