【CES 14】フォードの市販PHV、C-MAX にコンセプトカー…ソーラーパネルで充電

自動車 ニューモデル モーターショー
フォード C-MAX ソーラー エナジー コンセプト
  • フォード C-MAX ソーラー エナジー コンセプト
  • フォード C-MAX ソーラー エナジー コンセプト
  • フォード C-MAX ソーラー エナジー コンセプト
  • フォード C-MAX ソーラー エナジー コンセプト
  • フォード C-MAX ソーラー エナジー コンセプト
  • フォード C-MAX ソーラー エナジー コンセプト
米国の自動車大手、フォードモーターは1月2日、米国ラスベガスで1月6日に開幕するCES(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)14において、フォード『C-MAX ソーラー エナジー コンセプト』を初公開すると発表した。

同車は、フォード『C-MAX エナジー』をベースに開発されたコンセプトカー。C-MAX エナジーは2012年1月、デトロイトモーターショー12で発表。小型MPVのフォード『C-MAX』の市販プラグインハイブリッド車(PHV)だ。

C-MAX エナジーには、2.0リットル直列4気筒ガソリンエンジンにモーターを組み合わせたPHVシステムを搭載。エンジンとモーターを合わせたトータル出力は195ps。二次電池はリチウムイオンバッテリー。EVモードでの最大航続可能距離は、21マイル(約34km)。ガソリンエンジンを併用した際には、最大で620マイル(約998km)走行できる。

CES14で初公開されるC-MAX ソーラー エナジー コンセプトは、C-MAX エナジーの屋根に、ソーラーパネルを装着したコンセプトカー。外部ソケットからの電力だけでなく、太陽光から得た電力を、リチウムイオンバッテリーの充電に活用する。

軽量で薄型な長所を持つフレネルレンズを用いたソーラーパネルは、ルーフ全面に装着。フォードモーターによると、太陽の当たる場所に車両を1日置いておけば、4時間の充電相当分の電力が得られるという。

フォードモーターはCES14での初公開の後、パートナーと実証実験に取り組む予定。市販車と同様に、EVモードでの最大航続可能距離は21マイル(約34km)、ガソリンエンジンを併用した際には、最大で620マイル(約998km)の航続可能距離を見込んでいる。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集