【トヨタ ハリアー 新型発表】インテリアカラーから発想したデザイン

自動車 ニューモデル 新型車

トヨタ・ハリアー ハイブリッド Premium “Advanced Package”
  • トヨタ・ハリアー ハイブリッド Premium “Advanced Package”
  • トヨタハリアーPREMIUM Advanced Package 4WD
  • トヨタ・ハリアー
  • トヨタ・ハリアー ハイブリッド「Advanced Premium Package」
  • トヨタ・ハリアー ハイブリッド「Advanced Premium Package」
  • トヨタハリアーPREMIUM Advanced Package 4WD
  • トヨタ・ハリアー ハイブリッド「Advanced Premium Package」
  • トヨタ・ハリアー ハイブリッド「Advanced Premium Package」
トヨタ『ハリアー』のインテリアは、これまでとは違う発想でデザインされていったという。

トヨタ自動車デザイン本部トヨタデザイン部グループ長の上新隆さんによると、「ディープボルドーというボルドーワインの深い味わいをイメージしたインテリアカラーがあり、この色、そして使っている素材や仕立てありきでデザインのテーマが出来たのだ」と話す。

つまり、「まずはこのカラーを使おう。そこに似合うインテリアデザインがどういうものかをデザインしていった。当然新しい形ではあるものの、まずはこの取り組み方や、発想の仕方が(これまでとは)違っており、この考えが途中で変わることなく製品にまで結実したことを今回アピールしたい」という。

同時に上伸さんは、「素材感や艶感、色味を中心に室内をデザインしたいというイメージも持っていた」という。残念ながら本物の革ではないとしたうえで、「実際に本物の革で仕立てたらどういう面や、表情になるだろうと色々考えた」と述べる。

特に硬い、分厚い革で仕立てたイメージで造形をイメージしており、「ドアの上のステッチ部分などは、5mm位の分厚い革を使ったイメージだ。通常クルマではこのような分厚い革は使わないが、他のクラフトの世界では一般的に使われている。それをしっかりと2本のステッチで、硬い革をギュッ仕立てていくとこういう表情が出るのではないかと思っている」と仕上がりに自信を見せた。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集