【マツダ アクセラ ハイブリッドS 試乗】HVである以前に走りのよさが魅力…島崎七生人

試乗記 国産車

マツダ アクセラ ハイブリッドS
  • マツダ アクセラ ハイブリッドS
  • マツダ アクセラ ハイブリッドS
  • マツダ アクセラ ハイブリッドS
  • マツダ アクセラ ハイブリッドS
  • マツダ アクセラ ハイブリッドS
  • マツダ アクセラ ハイブリッドS
  • マツダ アクセラ ハイブリッドS
  • マツダ アクセラ ハイブリッド S
街中でEV走行していると「おや!?」と振り向く人が意外と多い。どうやら“プリウスじゃないこのクルマはマツダの何?”と思うらしい。身近なCセグメントでもあり、注目度はなかなか、である。

2cm近い厚みのマニュアルはハイブリッド車専用。エンジンとモーターを併用するのがもっとも燃費効率がいい……等、有用な記述が満載だ。プリウスもそうだが、オーナーになりシステムの特性を身体で覚えながら理解し、乗りこなすことが、好燃費に繋がるのだろう。今回、高速道路と山道を含む300km弱の試乗での燃費は給油時の計算で15km/リットル台、うち街中が中心の60km弱の区間では、車載の平均燃費の表示は19km/リットル台を示していた。最低限このくらいは走れる(走りかた次第でもっと燃費は伸ばせる)……といったところだろう。

けれど好燃費なHVという以前に走りがいいのは、やはり『アクセラ』ならではだ。乗り味はあのVWゴルフと肩を並べるなめらかさだし、ステアリング、ブレーキのフィーリングもガソリン車に遜色がない。山道でのキレイな身のこなし、そんな場面で頼りになる動力性能も、ストレスのない走りを楽しませてくれる。4ドアセダンながら持て余さないボディサイズも好感がもてるし、かなり理想的なファミリーカーなのでは?と思えた。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★


島崎七生人|AJAJ会員/モータージャーナリスト
1958年・東京生まれ。大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。雑誌・単行本の編集/執筆/撮影を経験後、1991年よりフリーランスとして活動を開始。以来自動車専門誌ほか、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。 便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。
《島崎七生人》

編集部おすすめのニュース

特集