【ホンダ N-WGN カスタム 試乗】思わずのけぞりそうなるハンドリングのよさ…岩貞るみこ

試乗記 国産車

ホンダ N-WGN カスタム
  • ホンダ N-WGN カスタム
  • ホンダ N-WGN カスタム
  • ホンダ N-WGN カスタム
  • ホンダ N-WGN カスタム
  • ホンダ N-WGN カスタム
  • ホンダ N-WGN カスタム
  • ホンダ N-WGN カスタム
  • ホンダ N-WGN カスタム
カスタム=走り系。ただし、走り系=いかついデザインが好きというわけではなく、適度に感情を抑えたフロントマスクである。いかついのがお好きな方は、ぜひ、オリジナルパーツを組み合わせていただきたい。

クルマをスタートさせた直後、ハンドルの手ごたえに思わずのけぞりそうになった。これ、軽なのか? このスタビリティのよさはなんなんだ? たしかにカスタムはフロントにもスタビライザーを入れて、かっちり作ってある。とはいえ、そんじょそこらのリッターカーよりも確かな手ごたえ乗り心地。こんなにお金かけていいのか。いや、軽自動車にしては価格それなりではあるけれど。ホンダもずいぶん、奮発したものである。

このハンドリングをさらによく感じさせるのは、エンジンだろう。アクセル操作にあわせて欲しいだけトルクが出て、ここぞと踏み込むとターボが遅れることなく効いてくれ、街乗りをリズムよく走り抜けていくときのフラストレーションのなさは秀逸。走る+曲がるがほどよい手ごたえ+足ごたえで感じられ、ヘンな優越感にひたってしまう。いやあ、軽自動車なのにこんなに気持ちよく走れちゃってすいませんね、という感じ。

ただ、いい部分があると足りないところが目に付くのも事実。リアがぼこぼこ跳ねるような感じ、もうちょっと収まるといいなあとか、ハンドリングが気持ちいいのに、なんでこんなにステアリングが遠いんだよ、エアバッグ6つ着ける前にハンドルにテレスコピック着けるのが先じゃないのか、など。贅沢ですか? いいえ、さらなる完成度を見つめて、ぜひ、改良を。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★
フットワーク:★★★★
オススメ度:★★★★


岩貞るみこ|モータージャーナリスト/エッセイスト
女性誌や一般誌を中心に活動。イタリア在住経験があり、グローバルなユーザー視点から行政に対し積極的に発言を行っている。主にコンパクトカーを中心に精力的に取材中するほか、最近はノンフィクション作家として子供たちに命の尊さを伝える活動を行っている。JAF理事。チャイルドシート指導員。国土交通省 安全基準検討会検討員他、委員を兼任。
《岩貞るみこ》

編集部おすすめのニュース

特集