マクラーレンのスーパーカー、MP4-12C …中東ドバイ警察に配備

自動車 ニューモデル 新型車

中東ドバイ警察に配備されたマクラーレンMP4-12C
  • 中東ドバイ警察に配備されたマクラーレンMP4-12C
  • 中東ドバイ警察に配備されたマクラーレンMP4-12C
フェラーリ、ランボルギーニ、アストンマーチンなど、世界に名だたるスーパーカーを、次々とポリスカーとして導入している中東UAE(アラブ首長国連邦)のドバイ警察。今度は同警察に、英国マクラーレンのスーパーカーが配備されたことが判明した。

これは12月25日、ドバイ警察が公式Twitterページを通じて、明らかにしたもの。「ドバイ警察が最新スーパーパトカーとして、マクラーレン『MP4-12C』を導入した」と発表している。

MP4-12Cは、英国のマクラーレンオートモーティブが、F1の技術を採用して開発したスーパーカー。ミッドシップには、直噴3.8リットルV型8気筒ツインターボエンジンを搭載。最大出力625ps/7500rpm、最大トルク61.2kgm/3000‐7000rpmを引き出す。

トランスミッションは、7速デュアルクラッチの「SSG」。MP4-12C は、0-100km/h加速3.1秒、最高速333km/hという世界屈指のパフォーマンスを実現する。日本国内価格は2790万円。

なお、ドバイ警察に配備されたMP4-12Cは、同警察の他のポリスカー同様、白を基調にグリーンを配したボディカラー。2013年11月末、2020年の万博開催地にドバイが決定しており、ドバイは中東初の万博開催に向けて、豪華なポリスカーを揃え世界へのアピールを強化している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集