【リコール】マクラーレン MP4-12C、エアバッグに不具合

自動車 テクノロジー 安全
マクラーレンMP4-12C
  • マクラーレンMP4-12C
マクラーレンオートモーティブのアジア法人、マクラーレンオートモーティブアジアは、マクラーレン『MP4-12C』に関するリコール(回収・無償修理)を、国土交通省に届け出た。

今回のリコールは、エアバッグの不具合が原因。インフレータ(膨張装置)において、ガス発生剤の吸湿防止が不適切だった可能性がある。

その場合、高い湿度の環境下で大きな温度変化を繰り返すと、ガス発生剤が劣化することがある。そのため、エアバッグ展開時にインフレータ容器が破損するおそれがあるという内容。

リコールの対象となるのは、合計47台。2012年2月14日から10月22日までに輸入された車両が、リコールに該当する。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • 【リコール】ポルシェ3車種、燃料パイプのボルトが緩むおそれ 画像 【リコール】ポルシェ3車種、燃料パイプのボルトが緩むおそれ
  • フェラーリ 488 GTB、米国でリコール…販売を一時停止 画像 フェラーリ 488 GTB、米国でリコール…販売を一時停止
  • パガーニ ウアイラ、米国でリコール…エアバッグに不具合 画像 パガーニ ウアイラ、米国でリコール…エアバッグに不具合
  • ランボルギーニ ガヤルド、米国でリコール…カーボンセラミックブレーキに不具合 画像 ランボルギーニ ガヤルド、米国でリコール…カーボンセラミックブレーキに不具合

特集