【東京オートサロン14】マツダ、CX-5 をカスタマイズ…迫力のマットブラック塗装

自動車 ニューモデル モーターショー

マツダ CX-5 マツダ デザイン コンセプト 2014
  • マツダ CX-5 マツダ デザイン コンセプト 2014
  • マツダ CX-5 マツダ デザイン コンセプト 2014
マツダが2014年1月、千葉県の幕張メッセで開催される「東京オートサロン2014 with NAPAC」に出品する『CX-5』のカスタマイズモデル。その詳細が公表された。

これは12月25日、マツダが公式サイトで明らかにしたもの。『CX-5 マツダ デザイン コンセプト 2014』に関して、その詳細と画像を公開している。

CX-5 マツダ デザイン コンセプト 2014は、CX-5の「SKYACTIV-D」+「SKYACTIV-DRIVE」(6速AT)仕様がベース。ボディカラーは、マットブラックで塗装された。さらに、オーバーフェンダーやセンター出しデュアルマフラー、リアアンダーパネルなどで迫力を増している。

また、ブレーキキャリパーはブレンボ製に変更。制動力が引き上げられた。

マツダは、CX-5 マツダ デザイン コンセプト 2014について、「魂動デザインの力強さを強化し、内外装をブラック&シルバーでクールにカスタマイズした自由自在に街を駆け抜けるストリートスペシャル」と説明している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集