【東京オートサロン14】マツダ、ディーゼルレーシングカー MAZDA6 SKYACTIV-D Racing を特別展示

自動車 ビジネス 企業動向

Grand Am GXMAZDA6 SKYACTIV-D Racing
  • Grand Am GXMAZDA6 SKYACTIV-D Racing
  • アクセラスポーツマツダ デザインコンセプト2014
マツダは、2014年1月10日から12日に幕張メッセで開催される「東京オートサロン2014 with NAPAC」に、SKYACTIV技術をフル搭載し、魂動デザインのスポーツイメージを強化した新型『アクセラ』、『アテンザ』、『CX-5』のカスタマイズモデルを参考出品する。

また、北米で2013年グランダムROLEXシリーズGXクラスのマニュファクチャラーチャンピオンを獲得した『Grand Am GX MAZDA6 SKYACTIV-D Racing』優勝車両を展示。このレーシングモデルは、マツダノースアメリカンオペレーションズとプライベートチーム「スピードソースエンジニアリング」が「SKYACTIV-D」のレース仕様エンジンの開発を推進し、2013年から北米レースシーンに挑戦。ディーゼルエンジン搭載レースカーとして、同シリーズにおいて初めての栄冠を獲得している。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集