フェラーリ 458 に605psの スペチアーレ …テストドライバーが全開で試す[動画]

自動車 ニューモデル 新型車

フェラーリ458スペチアーレの最新映像
  • フェラーリ458スペチアーレの最新映像
イタリアのスーパーカーメーカー、フェラーリが2013年9月、フランクフルトモーターショー13でワールドプレミアした『458スペチアーレ』。同車の最新映像が、ネット上で公開された。

458スペチアーレは、『458イタリア』の軽量高性能モデル。ミッドシップに積まれる直噴4.5リットルV型8気筒ガソリンエンジンには、燃焼効率のアップや、ピストンのジオメトリー変更による圧縮比の向上、吸排気系の見直しなどを実施。最大出力は605ps/9000rpmへ、35ps引き上げられた。最大トルクは55.1kgm/6000rpmと据え置き。

さらに、458スペチアーレは458イタリアに対して、軽量化を推進。カーボンファイバー製バケットシートを採用するなどして、車両重量は1290kgと、90kgの軽量化を成し遂げた。パワーウェイトレシオは2.13kg/ps。さらに、アクティブエアロシステムなどにより、空力性能も引き上げられた。

7速デュアルクラッチ「F1」トランスミッションは、専用チューンで変速時間を短縮。動力性能は0-100km/h加速3.0秒、最高速325km/h。足回りは、ブレンボ製ブレーキや専用ダンパー、ミシュラン製のフロント245/35ZR20、リア305/30ZR20タイヤで強化。コーナリング性能を高めるSSC(サイド・スリップアングル・コントロール)も採用されている。

フェラーリは11月下旬、この458スペチアーレの最新映像を、公式サイトを通じて配信。イタリアのフィオラノサーキットにおいて、フェラーリのテストドライバー、ラファエル・デ・シモン氏が、458スペチアーレを全開走行させている。


《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集