JR東日本、大船渡線BRTのルートを一時変更…冬季の積雪に対応

鉄道 企業動向

大船渡線BRTの一般道区間に設置された高田病院駅。冬季のルート変更に伴い一時的に移設される。
  • 大船渡線BRTの一般道区間に設置された高田病院駅。冬季のルート変更に伴い一時的に移設される。
  • 陸前高田~高田病院間のBRTルート。現行ルートは積雪が予想されるため、一時的に海側のルートに変更する。
  • 大船渡線BRTの陸前高田駅(左)。陸前高田市仮庁舎付近に仮設の駅舎が設置されている。
  • 一般道区間を走る大船渡線BRTのバス。
  • 専用道が整備された大船渡駅で発車を待つ盛行きのバス。
JR東日本盛岡支社は12月2日、大船渡線BRTの一般道区間のうち、岩手県陸前高田市内の陸前高田~高田病院間のルートを12月12日から一時的に変更すると発表した。

陸前高田~高田病院間は内陸側の道路を走行しているが、現行のルートは積雪などが予想されるため、12月12日から2014年3月20日まで海側の道路を走行するルートに変更する。これに伴い、高田病院駅も現在地から約250m離れた場所に移設する。運行時刻の変更は行わない。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集