【東京モーターショー13】スバルクロススポーツデザインコンセプト…スバルらしい楽しさの提案

自動車 ニューモデル 新型車

スバル クロススポーツデザインコンセプト
  • スバル クロススポーツデザインコンセプト
  • スバル クロススポーツデザインコンセプト
  • スバル クロススポーツデザインコンセプト
  • スバル クロススポーツ デザインコンセプト(東京モーターショー13)
  • スバル クロススポーツ デザインコンセプト(東京モーターショー13)
  • スバル クロススポーツ デザインコンセプト(東京モーターショー13)
  • スバル クロススポーツ デザインコンセプト(東京モーターショー13)
  • スバル クロススポーツ デザインコンセプト(東京モーターショー13)
スバルは東京モーターショー13に『クロススポーツデザインコンセプト』を出展。スバルとしての楽しさをピュアに表現したモデルであるという。

スバル商品企画本部デザイン部長兼商品開発企画部長の石井守さんは、クロススポーツデザインコンセプトについて、「スバルらしい提案になっていると思う」と話す。

「スバルは安心と楽しさの価値を商品に織り込んで提供しているが、その楽しさの部分を、特にピュアに表現したクルマの象徴として出展した」と述べる。

具体的には、「スポーツカーのシルエットに、ユーティリティのちょっとしたお洒落な遊び心のあるシューティングブレークの機能価値を取り入れた」。そして、車高を少し上げ、その分出来た余裕で大きなタイヤを履かせている。「『BRZ』より2周りほど大きい、直径で680mmのタイヤだ。それにより、安定感、安心感のあるデザインを醸し出している」と語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集