【東京モーターショー13】三菱コンセプト GC-PHEV…赤のラインは元気印の三菱を復活させる想い

自動車 ニューモデル 新型車

三菱コンセプト GC-PHEV(東京モーターショー13)
  • 三菱コンセプト GC-PHEV(東京モーターショー13)
  • 三菱コンセプト GC-PHEV(東京モーターショー13)
  • 三菱コンセプト GC-PHEV(東京モーターショー13)
  • 三菱コンセプト GC-PHEV(東京モーターショー13)
  • 三菱 コンセプト GC-PHEV(東京モーターショー13)
  • 三菱 コンセプト GC-PHEV(東京モーターショー13)
  • 三菱 コンセプト GC-PHEV(東京モーターショー13)
  • 三菱 コンセプト GC-PHEV(東京モーターショー13)
東京モーターショー13に三菱自動車が出展した、『コンセプト GC-PHEV』のサイドには赤いベルトラインが走っている。

「これはデザイナーのこだわりだ」とは、同社デザイン本部東京デザインスタジオの松岡亮介さんの弁。「三菱がこれまでトライしてきたモータースポーツの分野や、コーポレートカラーはレッドだ。そこで、フラッグシップのクルマにはモータースポーツで走りを感じさせる赤をどこかに入れたかった。元気印の三菱をもう一度復活させたいと、その想いを込めた赤だ」と述べる。

そのサイドデザインはフェンダーやキャラクターラインなど大きなデザイン的特徴がある。松岡さんは『アウトランダー』のエクステリアデザインも担当しており、「基本的な考え方はアウトランダーと同様、空力が重要で、サイドに流れる風をスムーズに流すため、なめらかな面を作っている」とし、「サイクルフェンダーのように飛び出したイメージではない」と話す。

しかし、スムーズな面だけでは、車格感が表現できないと松岡さん。「デザインの新しさを出すには大人しい。そこで、フロントフェンダーから始まりサイドのショルダーラインに沿っているプレスラインや、リアフェンダーからフロントに向かって駆け上がるシャープなプレスラインなど、見る角度によってプレスラインが浮き出でくるようにデザインした」という。

松岡さんは、「アウトランダーの世代からさらに進化したデザインにして、サイドビューの全ての線がホイールハウスに向かうことなどから動きを表現。フェンダーをより強調したデザインにした」と語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集