【東京モーターショー13】三菱コンセプト AR…三菱らしいSUVに機動性を盛り込んだMPV

自動車 ニューモデル 新型車

三菱コンセプト AR(東京モーターショー13)
  • 三菱コンセプト AR(東京モーターショー13)
  • 三菱コンセプト AR(東京モーターショー13)
  • 三菱コンセプト AR-PHEV(東京モーターショー13)
  • 三菱コンセプト AR(東京モーターショー13)
  • 三菱コンセプト AR(東京モーターショー13)
  • 三菱コンセプト AR(東京モーターショー13)
  • 三菱コンセプト AR(東京モーターショー13)
  • 三菱コンセプト AR-PHEV(東京モーターショー13)
三菱自動車が、東京モーターショー13に出展している『コンセプト AR』のエクステリアは、MPVと、SUVの融合を目指した新しいデザインだという。

同社デザイン本部デザイン部の山本衆一郎さんは、デザインコンセプトについて、「SUVの機動性をMPVに加える。MPVとSUVの融合がテーマである」と話す。

「単純にMPVを作るのではなく、三菱らしい、三菱の独自性が色濃く出る形として、SUVの機動性を強く入れ込んでデザインした。頼もしさを感じさせるクルマということを前面に押し出している」と述べる。

また山本さんは、「6人乗りの多人数乗車のクルマなので、安心感を持ってクルマに身をゆだねることが出来るような、外観からもそれが伝わるような頼もしさを表現していないと、三菱が作るMPVとしてはダメだろう」と話す。

具体的にデザインに目を向けると、ルーフが若干後ろに行くにしたがって低くなっている。山本さんは、「コンパクトサイズのMPVなので、アクティブさは表現したかった」とし、「Dピラーあたりのリアガラスのシルエットはクルマの性格を表す。寝かせれば寝かせるほどアクティブな雰囲気が出てくるので、MPVといえども、アクティブさの表現として、バックドアを寝かすようにしている」と語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集