アルファロメオ 4C、最初の顧客へ…納車式はテストコースで[動画]

自動車 ニューモデル 新型車

イタリア・バロッコのテストコースで行われたアルファロメオ4Cの納車記念式典
  • イタリア・バロッコのテストコースで行われたアルファロメオ4Cの納車記念式典
イタリアの自動車大手、フィアット傘下のアルファロメオは、新型スポーツカーの『4C』の欧州での納車を開始した。その際の映像が、ネット上で公開されている。

アルファロメオ 4Cは、2シーターミッドシップの小型スポーツカー。排気量1750ccの直列4気筒直噴ガソリンターボエンジンは最大出力240ps、最大トルク35.7kgmを発生する。トランスミッションは、デュアルクラッチの「TCT」。車重は895kgに抑えられ、 0-100km/h加速4.5秒、最高速258km/hのパフォーマンスを備える。

アルファロメオはイタリア・バロッコのテストコースにおいて、4Cの納車記念式典を開催。スイス、フランス、ドイツ、オランダ、イタリアから、4Cの最初の顧客となった5名が招待され、発売記念モデルの「ローンチエディション」の引き渡しを受けた。

ローンチエディションは、世界限定1000台で、このうち500台が欧州向け。カーボンファイバー製のエアロパーツやドアミラーカバーを特別装備。リアのディフューザーは、ダークアルミで仕上げられた。ボディカラーが「カレラホワイト」と呼ばれる白と、「アルファレッド」と呼ばれる赤の2色。アルミホイールは光沢仕上げ。

レザー&ファブリックのスポーツシートには、アルカンターラを追加。ステアリングホイールやサイドブレーキには、赤いステッチが添えられる。限定車を示すシリアルナンバープレートは、カーボンファイバー製。足回りは、サスペンションを専用セッティング。リアにはスタビライザーを追加する。レーシングエグゾーストや専用フロントエアインテーク、特別塗装のブレーキキャリパーも装備。

4Cの納車記念式典には、DTM(ドイツ・ツーリングカー選手権)で活躍したニコラ・ラリーニ選手も特別に参加。同選手は1993年、アルファロメオ『155 V6 Ti』でDTMを制したことで知られる。4Cの最初の5名のオーナーは、バロッコのテストコースを自らの運転でドライブ。さらに、同選手が運転する4Cの同乗走行などを楽しんだ。

アルファロメオ4Cの最初のオーナー達の歓喜に満ちた表情が印象的な映像は、動画共有サイト経由で見ることができる。


《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集