【ダイハツ タント 試乗】中学・高校生程度の子供まで想定…まるも亜希子

試乗記 国産車

ダイハツ タント
  • ダイハツ タント
  • ダイハツ タント
  • ダイハツ タント
  • ダイハツ タント
  • ダイハツ タント
  • ダイハツ タントカスタム
  • ダイハツ タントカスタム
  • ダイハツ タントカスタム
元祖・子育て軽ワゴンがフルモデルチェンジで取り入れたのは、暮らしに密接した「安心・安全」と「自由」ではないだろうか。

先代では助手席側のリヤのみスライドドアを採用し、フロントドアとの間の柱(ピラー)をなくして「ピラーレス」と謳っていたが、新型ではドアにピラーが内蔵されている「ピラーイン」に呼称を変えた。

また、『ムーヴ』から登場した衝突被害軽減ブレーキなどの先進安全技術をタントにも採用。これは、子育て世代に最も大切な安心・安全への願いを込めたものだと感じた。

そして、運転席側のリヤもスライドドアになったことで、これまで以上に多彩な使い方ができる。

収納では、マクドナルドのポテトが置けるスペースや、DSなどゲーム機がちょうど入るポケットがあったり、快適装備ではついにオプションで天井に液晶モニターが付くなど、オムツ替えが必要な乳児だけでなく中学・高校生程度の子供までを想定していることがわかる。

同じ子育て世代でも、子供の年齢や人数、住む地域によって様々なライフスタイル。また介護世代への需要も増えてくる中、新型タントはそれらを幅広くカバーできるモデルになっている。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★
フットワーク:★★★★
オススメ度:★★★★★

まるも亜希子/カーライフ・ジャーナリスト。
映画声優、自動車雑誌編集者を経て、2003年に独立。雑誌、ラジオ、TV、トークショーなどメディアに出演。2004年、2005年にはサハラ砂漠ラリーに参戦、完走。2006年より日本カー・オブ・ザ・イヤー(COTY)選考委員。日本自動車ジャーナリスト協会(AJAJ)理事。女性のパワーでクルマ社会を元気にする「ピンク・ホイール・プロジェクト(PWP)」代表。
《まるも亜希子》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集