【東京モーターショー13】テスラ、『モデルS』を出展…「所有するほど改善されるクルマ」

自動車 ニューモデル モーターショー

テスラ プレスカンファレンス(東京モーターショー13)
  • テスラ プレスカンファレンス(東京モーターショー13)
  • テスラ プレスカンファレンス(東京モーターショー13)
  • テスラ プレスカンファレンス(東京モーターショー13)
  • テスラ プレスカンファレンス(東京モーターショー13)
  • テスラ プレスカンファレンス(東京モーターショー13)
  • テスラ プレスカンファレンス(東京モーターショー13)
  • テスラ プレスカンファレンス(東京モーターショー13)
  • テスラ プレスカンファレンス(東京モーターショー13)
東京モーターショーに初出展したテスラは、プレミアムEVセダン『モデルS』を公開した。

6リットル級のパワー、航続距離500km、大容量の荷室といった、EVに必要なものが全て揃っている。

テスラ・アジア太平洋地域担当ディレクターのケビン・ユー氏は「(我々の会社は)シリコンバレーにあり、ハイパフォーマンスカーをつくるだけではなく、世界をリードするユーザーインターフェイスを活用しています。さらに、それを継続的にアップグレードさせることができるので、おそらく世界で唯一、所有する期間が長いほど改善されるクルマです」と話した。
《小川 貴裕》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集