【東京モーターショー13】日産 GT-R 2014年モデル、新デザインのLEDランプ採用

自動車 ニューモデル 新型車

日産 GT-R 新型発表会
  • 日産 GT-R 新型発表会
  • 日産 GT-R 2014年モデル
  • 日産 GT-R 2014年モデル
  • 日産 GT-R 2014年モデル
  • 日産 GT-R 2014年モデル
  • 日産 GT-R 2014年モデル
  • 日産 GT-R 2014年モデル
  • 日産 GT-R 2014年モデル
日産自動車は11月19日、横浜にある日産グローバル本社ギャラリーにてマイナーチェンジした『GT-R』の2014年モデルを発表し、12月2日より全国一斉発売する。

2014年モデルでは、外装に新デザインのLEDヘッドランプならびにリアコンビランプが採用され、ボディカラーには新たにゴールドフレークレッドパールを新設定。この色は、赤い塗装の中に24金ゴールドでコートされた微細なガラスフレークを混入させているのが特徴である。

インテリアでは、プレミアムエディション専用オプションのファッショナブルインテリアに新たにアイボリーを追加設定した。

発表会では、日産のカルロス・ゴーン社長がレーシングドライバーのミハエル・クルム選手が運転する『GT-R NISMO』で登場。このマシンは実際にタイムアタックで使用されたモデルだという。

社長自ら先日ドイツのニュルンブルクリンクでのラップタイムを発表。GT-R NISMOは量販車最速の7分8秒679を記録し、演出に花を添えた。

GT-Rは、「Pure edition」が905万1000円、「Black edition」が993万3000円、「Premium edition」が1011万1500円となる。
《橋本 隆志》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集