【SEMAショー13】VW、ジェッタ に ゴルフR 顔移植…425psターボ搭載

自動車 ニューモデル モーターショー

フォルクスワーゲン ジェッタ のカスタマイズカー
  • フォルクスワーゲン ジェッタ のカスタマイズカー
  • フォルクスワーゲン ジェッタ のカスタマイズカー
  • フォルクスワーゲン ジェッタ のカスタマイズカー
  • フォルクスワーゲン ジェッタ のカスタマイズカー
  • フォルクスワーゲン ジェッタ のカスタマイズカー
  • フォルクスワーゲン ジェッタ のカスタマイズカー
  • フォルクスワーゲン ジェッタ のカスタマイズカー
  • フォルクスワーゲン ジェッタ のカスタマイズカー
フォルクスワーゲンの米国法人、フォルクスワーゲンオブアメリカは11月5日(日本時間11月6日未明)、米国ラスベガスで開幕したSEMAショー13において、『ジェッタ』のカスタマイズカーを初公開した。

ジェッタは、米国市場におけるフォルクスワーゲンの最量販車。同車をFMSオートモーティブが、「レーサーズドリーム」をテーマに、カスタマイズを行った。

直噴2.0リットル直列4気筒ガソリンターボ「TSI」エンジンには、APR製の「ステージ3+ターボ」キットを装着。APR製のカーボンファイバーエアインテークやインタークーラーなども追加され、最大出力425psを獲得する。ノーマル仕様の210psに対して、パワーは倍増した計算。

強力なエンジンに合わせて、外装のスポーツ性も追求。目を引くのは、フロントマスク、『ゴルフ』の最強グレード、「ゴルフR」のフロントマスクを移植した。グリルは、『ジェッタハイブリッド』用を使用する。前後フェンダーは拡幅。ゴルフR用サイドスカートを、加工して装着した。

足回りには、H&R社のストリートサスペンションシステムとスタビライザーを採用。ブレーキはブレンボ製。ニットーブランドの19インチタイヤを履く。室内は、シートをベージュ&ブラック仕上げのレカロに交換している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集