【ダイハツ タント 試乗】広さと走りとピラーインドア、分かりやすさに好感…竹岡圭

試乗記 国産車

ダイハツ タント
  • ダイハツ タント
  • ダイハツ タント
  • ダイハツ タント
  • ダイハツ タント
  • ダイハツ タント
  • ダイハツ タント
  • ダイハツ タント
「広~いっ!」試乗車を乗っている最中、いろんな方に見せてみて歩いたのですが、どの方も開口一番「広~いっ!」という言葉が、思わず口をついたという感じで飛び出しました。確かに広い!

助手席のスライドがよりロングになり、後部座席の足元がスッキリしたおかげで、先代に比べて助手席側の広々感が増したのが効いているようです。

今回両側スライドドアになったことで、Lサイズのトールワゴンライバルと比べていちばんアピールすべきことは、当然ながらBピラーレス、もとい助手席側の「ピラーインドア」に集約されたといっても過言ではないわけですから、そこに焦点を当てたクルマ作りは、わかりやすくて非常にイイと思います。

その分センタークラスター下部のボックスがなくなったり、ルーフコンソールがオプションになったり、ポケットエリアがやや少なくなった感で少し気掛かり。まぁそこは工夫次第なので、今後増えそうなアフターマーケット市場やDIYで自分なりに楽しむのもありかもしれません。

走り味は先代と比べると格段にしっかり感が向上しました! もう高速でフラフラする~、なんて言わせませんよ~というくらい、安定感が増したのは好印象です。あとは路面によって感じるブルブルとした乗り心地が、もう少しマイルドになると言うことナシですね。

助手席側から自転車も搭載しやすくなったことですし、小さな赤ちゃんから小学生のママには至極便利な1台だと思います。4人家族なら、ミニバン代わりに十分使えちゃうほどの実力派です。個人的なオススメはNAエンジンモデル。十分高速走行もこなせます。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★★
フットワーク:★★★★
オススメ度:★★★★

竹岡圭|モータージャーナリスト・タレント
「クルマ&カーライフは楽しくなくっちゃネ!」をモットーに、さまざまな媒体で「喋って・書いて・走って」活動する女性モータージャーナリスト。雑誌やWebへの執筆の他、TVのワイドショーやバラエティ番組へのレギュラー出演、ラジオのパーソナリティとしても活動。カーライフ全般を女性の視点からレポートする。モータースポーツでは、ドライバーとして耐久レースやラリーレイドなど数々のレースに参戦する。日本自動車ジャーナリスト協会(A.J.A.J.)理事、日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。
《竹岡圭》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集