メルセデスベンツ Sクラス 新型に「目を持つサスペンション」を採用[写真蔵]

自動車 ニューモデル 新型車

メルセデスベンツ・S 400 HYBRID Exclusive「AMG スポーツパッケージ」
  • メルセデスベンツ・S 400 HYBRID Exclusive「AMG スポーツパッケージ」
  • メルセデスベンツ・S 400 HYBRID Exclusive「AMG スポーツパッケージ」
  • メルセデスベンツ・S 400 HYBRID Exclusive「AMG スポーツパッケージ」
  • メルセデスベンツ・S 400 HYBRID Exclusive「AMG スポーツパッケージ」
  • メルセデスベンツ・S 400 HYBRID Exclusive「AMG スポーツパッケージ」
  • メルセデスベンツ・S 400 HYBRID Exclusive「AMG スポーツパッケージ」
  • メルセデスベンツ・S 400 HYBRID Exclusive「AMG スポーツパッケージ」
  • メルセデスベンツ・S 400 HYBRID Exclusive「AMG スポーツパッケージ」
メルセデスベンツのフラッグッシップサルーン『Sクラス』。新型モデルは、11月上旬より日本でのデリバリーが開始される。

新型Sクラスは、「インテリジェントドライブ」、「エナジャイジングコンフォート」、「エフィシェントテクノロジー」の3項目よりエンジニアリングの観点から開発された。メルセデスベンツをリードするモデルであり、様々な先進技術が盛り込まれている。

そのひとつが「マジックボディコントロール」。車両前方での道路の凹凸をステレオマルチパーパスカメラでスキャンし、その路面状態より伝わるボディショックを最小限に制御するアダプティブサスペンションだ。いわば「目を持ったサスペンション」だ。

ボディは、50%以上アルミニウムを採用することにより軽量化を計っている。また、ライトバルブを一切使わず、全てLEDを採用した。ヘッドライト左右で56個、リアコンビネーションランプ左右で35個、インテリアはアンビエントライト含めて約300個を利用している。Cd値も従来モデルを下回り、0.24になった。
《太宰吉崇》

編集部おすすめのニュース

特集