【トヨタ カローラアクシオHYBRID G 試乗】誰にでも親しみやすく上質な小型セダン…島崎七生人

試乗記 国産車

カローラアクシオHYBRID G
  • カローラアクシオHYBRID G
  • カローラアクシオHYBRID G
  • カローラアクシオHYBRID G
  • カローラアクシオHYBRID G
  • カローラアクシオHYBRID G
  • カローラアクシオHYBRID G
  • カローラアクシオHYBRID G
  • カローラアクシオHYBRID G
『カローラ・アクシオ』の親しみやすさは、ハイブリッドでも変わらない。

新鮮だが馴染みやすいのは操作系だ。シフトレバーはガソリン車と同じゲート式を採用する。メーターパネルにもタコメーターを備えるのも、エンジンのオン/オフが指針で直感的にわかるからいい。4.2インチカラー液晶TFTモニターも、エネルギーフローなら、エンジン/バッテリー/タイヤの表示をループ状に並べ、矢印の点灯具合で、これまた直感的に状態が把握できた。要するにハイブリッド車にありがちな理屈っぽさが一切なく、誰にでも“やさしい”のである。

走りもガソリン車以上に心地いい。試乗車は「HYBRID G」グレードで、試乗後に聞けば、サスペンション、遮音、ガラス等が専用だという。それらの効果は、走り出した瞬間に実感するもの。なめらかで重厚ですらある乗り味、走りっぷりは完全に“小型上質セダン”の領域。ユーザーはきっとシアワセな気持ちになれるはずだ。

見ていると、40km/h手前までEV走行後、やおらエンジンが始動。あとは手練の制御でパワートレーンが仕事をしてくれ、何らストレスはない。「いいね!」と思えるクルマだ。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★

島崎七生人|AJAJ会員/モータージャーナリスト
1958年・東京生まれ。大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。雑誌・単行本の編集/執筆/撮影を経験後、1991年よりフリーランスとして活動を開始。以来自動車専門誌ほか、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。 便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。
《島崎七生人》

編集部おすすめのニュース

特集