ランボルギーニ ガヤルド 後継車、ニュルブルクリンクに出現[動画]

モータースポーツ/エンタメ 出版物

ドイツ・ニュルブルクリンク北コースで開発テストを行うランボルギーニ ガヤルド 後継車
  • ドイツ・ニュルブルクリンク北コースで開発テストを行うランボルギーニ ガヤルド 後継車
イタリアのスーパーカーメーカー、ランボルギーニが、『ガヤルド』後継車として開発中のスーパーカー。その開発テスト車両の映像が、ネット上で公開されている。

この映像は9月24日、ドイツ・ニュルブルクリンク北コースでのスクープ映像を専門に届けるサイト、『RSR Nurburg』が公開したもの。ニュルブルクリンクで開発テストを行う、謎のランボルギーニを紹介している。

同サイトによると、このテストカーこそ、ガヤルド後継車。ネーミングは『カブレラ』と噂されているモデルになるという。

ガヤルド後継車には、現行の5.2リットルV型10気筒ガソリンエンジンを、さらにパワーアップして搭載するもよう。最大出力は600psレベルに達すると見られる。

テストカーの車体には、擬装が施されているが、痛快なエンジンサウンドを響かせながら、ニュルブルクリンクを周回している。


《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集