【フランクフルトモーターショー13】ランドローバー、初の市販HV発表…レンジローバー スポーツ 新型に

自動車 ニューモデル 新型車

レンジローバー スポーツ ハイブリッド(フランクフルトモーターショー13)
  • レンジローバー スポーツ ハイブリッド(フランクフルトモーターショー13)
  • レンジローバー スポーツ ハイブリッド(フランクフルトモーターショー13)
  • レンジローバー スポーツ ハイブリッド(フランクフルトモーターショー13)
  • レンジローバー スポーツ ハイブリッド(フランクフルトモーターショー13)
  • レンジローバー スポーツ ハイブリッド(フランクフルトモーターショー13)
  • レンジローバー スポーツ ハイブリッド(フランクフルトモーターショー13)
  • レンジローバー スポーツ ハイブリッド(フランクフルトモーターショー13)
  • レンジローバー スポーツ ハイブリッド(フランクフルトモーターショー13)
英国の高級SUVメーカー、ランドローバーは9月10日、ドイツで開幕したフランクフルトモーターショー13において、『レンジローバー スポーツ ハイブリッド』を初公開した。

同車は、新型『レンジローバー スポーツ』がベース。ランドローバーにとって、初の市販ハイブリッド車となる。ランドローバーが開発したハイブリッドは、ディーゼルエンジンを核にしたシステム。

ディーゼルエンジンは、3.0リットルV型6気筒ターボ。組み合わせるモーターは、最大出力47ps、最大トルク17.3kgmを引き出す。エンジンとモーターを合わせたトータル出力は、340ps/4000rpm、最大トルク71.4kgm/1500-3000rpmとパワフル。

モーターは、ZF製の8速ATに直結しており、EVモードでは、最大1.6kmを最高速48km/hで走行可能。ハイブリッドシステムは、リチウムイオンバッテリーとインバーター、モーターを含めて、120kgと軽量に仕上げられた。

この結果、レンジローバー スポーツ ハイブリッドは、0-100km/h加速6.7秒、最高速225km/hのパフォーマンスを実現。それでいて、欧州複合モード燃費15.6km/リットル、CO2排出量169g/kmの環境性能を両立している。

レンジローバー スポーツ ハイブリッドは地元、英国では9月10日から受注を開始。2014年初頭からの納車を計画する。ランドローバーは、「世界初のプレミアムディーゼルSUVハイブリッド」と説明している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集