【フランクフルトモーターショー13】日産 エクストレイル 新型、初公開

自動車 ニューモデル 新型車

新型 日産 エクストレイル(フランクフルトモーターショー13)
  • 新型 日産 エクストレイル(フランクフルトモーターショー13)
  • 新型 日産 エクストレイル(フランクフルトモーターショー13)
  • 新型 日産 エクストレイル
  • 新型 日産 エクストレイル
  • 新型 日産 エクストレイル
  • 新型 日産 エクストレイル
  • 新型 日産 エクストレイル
  • 新型 日産 エクストレイル
日産自動車は9月10日、ドイツで開幕したフランクフルトモーターショー13において、新型『エクストレイル』を初公開した。

初代エクストレイルは2000年に発表。2007年には、2世代目にモデルチェンジした。今回発表された新型は、3世代目のモデル。

新型は、日産のグローバル戦略に基づいて開発。ルノー日産の新世代車台、CMFプラットフォームを採用した。北米向けの新型『ローグ』とは、兄弟車関係に位置付けられ、エクストレイルとローグは、新型ではメカニズムなどの基本部分を共用する。両車種で、今後世界190か国で販売される予定。

新型エクストレイルは、初代そして2代目のコンセプトに磨きをかけた。具体的には、スタイリッシュで快適、静か、高いオフロード性能を備えるSUVとしている。新型のデザインは、クロスオーバーらしいモダンでスタイリッシュなボディラインと、SUVらしい力強さを融合。プレミアム感とダイナミックさを両立させた。

インテリアは広く快適な空間に、緻密に作りこまれた幾何学パターンを用いたフィニッシャーや、各所に配したクロームによって、プレミアム感とプロテクト感を表現。シートはステッチのアクセントが施された高品質なレザー生地と、洗練されたファブリックが選択可能。広々とした室内空間には、シアタースタイルのシートレイアウトを採用し、7名乗りも選択できる。

4WDシステムは、「オールモード4×4i」。センターコンソールのダイヤルで、2WD、オート、4WDの各モードに切り替える。オートモードでは、スロットル開度やエンジン回転数、ホイールスピンなどをモニター。前後の車輪の間で、最適な駆動トルクを配分する。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集