【フランクフルトモーターショー13】アウディ、nanuk クワトロ コンセプト 初公開…544psのクロスオーバー

自動車 ニューモデル 新型車

アウディ nanuk クワトロ コンセプト
  • アウディ nanuk クワトロ コンセプト
  • アウディ nanuk クワトロ コンセプト
  • アウディ nanuk クワトロ コンセプト
  • アウディ nanuk クワトロ コンセプト
  • アウディ nanuk クワトロ コンセプト
  • アウディ nanuk クワトロ コンセプト
  • アウディ nanuk クワトロ コンセプト
  • アウディ nanuk クワトロ コンセプト
ドイツの高級車メーカー、アウディは9月9日夜(日本時間9月10日未明)、ドイツで開催されたフランクフルトモーターショー13のプレビューイベント、「フォルクスワーゲングループナイト」において、『nanuk クワトロ コンセプト』を初公開した。

同車はアウディと、フォルクスワーゲングループ傘下のイタルデザイン・ジウジアーロのデザイナーが協力して、製作されたコンセプトカー。スポーツカーの性能を備えたクロスオーバー車を提案している。

ミッドシップに搭載されるのは、直噴5.0リットルV型10気筒ターボディーゼル「TDI」。このエンジンは2個のターボチャージャーで過給されており、最大出力544ps以上、最大トルク102kgmを発生する。最大トルクは、1500rpmの低回転域から引き出される。

駆動方式は、アウディ独自のフルタイム4WD、クワトロ。nanuk クワトロ コンセプトは、0-100km/h加速を3.8秒で駆け抜け、最高速は305km/hに到達。それでいて、欧州複合モード燃費は12.8km/リットルと、環境性能も高い。

ボディサイズは、全長4541×全幅1990×全高1337mm、ホイールベース2710mm。アウディのアルミ構造、「ASF」に、CFRP(カーボンファイバー強化樹脂)製ボディを組み合わせる。車両重量はおよそ1900kg。

技術面では、次世代のアダプティブエアサスペンションを採用。これは、車高を3段階に調整できるシステム。標準状態を基準に、車高の40mmアップ、30mmダウンを可能にする。新開発のインテグラルステアリングも装備されており、ハンドリング性能の向上や、4WSによる最小回転半径の低減も図られている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集