「燃費を試したかっただけ」…松嶋菜々子・ビートたけしの共演第2弾

自動車 ニューモデル 新型車

松嶋菜々子・ビートたけしの共演CM第2弾「言い訳」篇
  • 松嶋菜々子・ビートたけしの共演CM第2弾「言い訳」篇
  • 松嶋菜々子・ビートたけしの共演CM第2弾「言い訳」篇
  • 松嶋菜々子・ビートたけしの共演CM第2弾「言い訳」篇
ピンクのトヨタ『クラウン』に乗った松嶋菜々子さんと、ビートたけしさんの共演によるテレビコマーシャルの第2弾「言い訳」篇(15秒・30秒)が、9月6日から全国でオンエアされている。

これは、トヨタが期間限定(9月1~30日)で注文を受け付けている“ピンクのクラウン”(特別仕様車“ReBORN PINK”)にあわせたCMで、第1弾「気がついたこと」篇に続き、松嶋さんとたけしさんの“運転席からの語らい”が描かれている。

第1弾「気がついたこと」篇では、「でも気がついた。衰えない力もあるって」とつぶやくたけしさんと、「いつからそんなハイブリッドな人になっちゃったの?  クラウンみたい」と返す松嶋さんのかけ合いがみられた。

第2弾「言い訳」篇も、クラウンの運転席から語られる2人が描かれているが、キーワードは「燃費」。松嶋さんの「燃費を試したかっただけ」というセリフが複数回登場する。

山道を走るピンクのクラウン。ハンドルを握る松嶋さんはひと言、『まさか私が、クラウンに乗るなんて思わなかったわ…』とつぶやく。いっぽう、飛騨高山の町屋に先に到着しているたけしさん。『まさかこんなところで、あんたを待ってるとはね』とひと言。松嶋さんは『(クラウンの)燃費を試したかっただけだからね』と強がる。飛騨高山の街中を走るピンクのクラウン。そして、黒のクラウンの後ろに停車。たけしさんが待つ町屋に入った松嶋さんは、また『燃費を試したかっただけだからね』と言い訳をする。たけしさんはそれを見て、『へぇ』とニヤリ。

このストーリーからもわかるように、舞台はピンクのクラウンが映える城下町・飛騨高山。第1弾「気がついたこと」篇と同様に「権力より、愛だね。」がテーマだ。

トヨタは、「日本の原風景を残す飛騨高山とピンクのクラウンのコントラストを狙っています。また、場所の設定には、『燃費を試したかっただけだからね』という松嶋さんの言い訳のとおり、23.2km/リットル(JC08モード)という低燃費を実感でき、長い距離を走っても疲れにくいクラウンならではの場所であることもメッセージとしています」と伝えている。
《大野雅人》

編集部おすすめのニュース

特集