【フランクフルトモーターショー13】BMW「i」の第二弾、PHVスポーツのi8…表情見えた

自動車 ニューモデル 新型車

BMW i8の市販モデルの予告イメージ
  • BMW i8の市販モデルの予告イメージ
ドイツの高級車メーカー、BMWグループが9月10日、フランクフルトモーターショー13でワールドプレミアする新型車、『i8』の市販モデル。同車の予告イメージが公開された。

これは9月1日、BMW「i」が公式サイトで明らかにしたもの。正式発表を間近に控えたi8が、フロントマスクなどの細部を披露している。

i8は、前輪をモーター、後輪をエンジンで駆動するPHVシステムを採用。リアに置かれるエンジンは、1.5リットル直列3気筒ガソリンターボで、最大出力231ps。

フロントに置かれるモーターは、最大出力131ps。モーターとエンジンを合わせて、最大出力362ps、最大トルク58.1kgmを引き出す。0-100km/h加速は4.5秒、最高速は250km/h(リミッター作動)の実力。二次電池は、リチウムイオンバッテリーで、モーター単独では最大35km、最高速120km/hでEV走行できる。

燃料満タン&フル充電での最大航続可能距離は、500km以上。EVモードの効果もあり、i8は欧州複合モード燃費40km/リットル、CO2排出量59g/kmと、優れた環境性能を達成している。

すでに最終プロトタイプ車の画像は公開済みのi8。今回の予告イメージからは、擬装が施された最終プロトタイプ車では分からなかった表情が見て取れる。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集