フォード・フォーカスST、VWゴルフR、日産ジュークNISMOの加速を比較[動画]

自動車 ビジネス 海外マーケット
3台の加速テスト(動画キャプチャ)
  • 3台の加速テスト(動画キャプチャ)
  • フォード・フォーカスSTのエンジン(動画キャプチャ)
  • フォード・フォーカスSTのメーター(動画キャプチャ)
  • VWゴルフRのエンジン(動画キャプチャ)
  • 日産ジュークNISMOのエンジン(動画キャプチャ)
  • 加速テストの結果(動画キャプチャ)
米国のザ・ファースト・レーン・カーは7月20日、最新の最もスポーティな3台のハッチバック、フォード・フォーカスSTとVWゴルフR、日産ジュークNISMOの0-60マイル/時の加速を比較するテストを実施した映像を公開した。

このイベントのスタッフは4輪駆動のゴルフと前輪駆動のフォーカス、前輪駆動/4輪駆動のジュークを比較するのかを不思議に思うかも知れないと解説し、この試みがマッシュアップであると説明する。そして海抜0メートルでは最高6秒から6.5秒程度のタイムが予想されたが、今回のイベントが行われた場所(コロラド州)は標高が高いので、少し遅いタイムになるだろうという見通しを立てた。

まずフォード・フォーカスSTは2リットルのエンジンとエコーブースト・ターボチャージャーを持つフォーカスは252馬力と270フット‐ポンドのトルクを発揮し、6速のマニュアル・トランスミッションを搭載する。

新車価格2万3700ドルのフォード・フォーカスSTの1回目のトライは7秒35、そして2回目の挑戦では7秒16秒という結果だった。

次にVWゴルフRは同じく2リットルのターボエンジンを搭載し、256馬力と243フット‐ポンドのトルクを発揮する。

新車価格3万4195ドルのゴルフRの最初のトライでは、8秒86を記録した。ここで起こった問題は、フォーカスのように2速で60マイル/時には至らなかった為、3速にシフトしなければいけなかった点である。その後行われた2度目のトライでは、8秒13を記録することとなった。

続いてジュークNISMOは、4気筒1.6リットルのターボチャージされたエンジンを持ち、196馬力と184フット‐ポンドのトルクを発揮し、CVTトランスミッションで前輪駆動から4輪駆動にチェンジが可能である。

新車価格2万7710ドルのジュークの最初のトライは2輪駆動で行われ、9秒16という結果だった。そして2度目のトライは4輪駆動で行い、9秒98という記録を残した。

《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

特集