【フィット プロトタイプ 試乗】7速DCTのHV採用に注目、エコ&自然に楽しい走り…藤島知子

試乗記 国産車

ホンダ フィット ハイブリッド(プロトタイプ)
  • ホンダ フィット ハイブリッド(プロトタイプ)
  • ホンダ フィット ハイブリッド(プロトタイプ)
  • ホンダ フィット ハイブリッド(プロトタイプ)
  • ホンダ フィット ハイブリッド(プロトタイプ)
  • ホンダ フィット ハイブリッド(プロトタイプ)
  • ホンダ フィット ハイブリッド(プロトタイプ)
  • ホンダ フィット ハイブリッド(プロトタイプ)
  • ホンダ フィット ハイブリッド(プロトタイプ)
今回の『フィット』で注目したいのは、1.5リットルのアトキンソンサイクルエンジン+モーターのハイブリッド(HV)仕様。

コンパクトクラスでありながら、ホンダの4輪車初の7速のデュアルクラッチトランスミッション(DCT)をHV仕様に搭載してきた点が興味深い。燃費効率と変速レスポンスに優れたDCTは走りの楽しさと燃費性能を両立させたいクルマに用いられるケースが多いが、フィットのものは燃費性能を意識したHV仕様に組み合わされるだけに、そのレスポンスはダイレクトにパワーを伝達するパフォーマンス重視型ではなく、快適性を意識した“まったり”とした繋がりをみせるタイプ。

パドルシフト付きのグレードを選べば、AT車同様に2ペダルで操作できるだけでなく、ハンドルから手を離さずに手動変速が楽しめる。HV仕様は他のグレードと比較すると専用ユニットの車重増がある分、どっしりと落ち着いた身のこなしを見せるが、前後の重量配分のバランスにこだわることで、カーブをスムーズに通過していける。

エコなモデルが欲しいというオーナーに、自然な形で走りの楽しさを満喫させてしまおうという策略が見え隠れするのがホンダらしいと思った。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★

藤島知子 AJAJ会員/モータージャーナリスト
自身のレース活動で得た体験をもとに、ドライブすることの楽しさやクルマと過ごす日常の素晴らしさを走り好きの目線、女性目線を交えながら、幅広いユーザーに向けて提案している。2013-2014 日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。
《藤島知子》

編集部おすすめのニュース

特集