【グッドウッド13】ベントレー、コンチネンタル GT3 レーサー発表…600psツインターボ

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

ベントレー コンチネンタル GT3
  • ベントレー コンチネンタル GT3
  • ベントレー コンチネンタル GT3
  • ベントレー コンチネンタル GT3
  • ベントレー コンチネンタル GT3
  • ベントレー コンチネンタル GT3
  • ベントレー コンチネンタル GT3
  • ベントレー コンチネンタル GT3
ベントレーは7月12日、英国で開催中の「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード2013」において、『コンチネンタルGT3』を初公開した。

ベントレーは2012年9月、パリモーターショー12に『コンチネンタルGT3コンセプト』を出品。今年のグッドウッドでは、コンセプトカーではない正式なレーシングカーを発表している。

ベントレーは2003年、ルマン24時間耐久レースに勝利したが、これをもってワークス体制でのモータースポーツ参戦を中止。今回発表されたコンチネンタルGT3は、ベントレーが再びレース活動に乗り出すために開発された。

ベース車両は、ベントレー最速の市販車、『コンチネンタルGTスピード』。同車をベースに、FIA(国際自動車連盟)のGT3レギュレーションに対応させた。大幅に低められた車高や大径タイヤ、専用フロントスポイラー、大型リアウイングなどにより、迫力のレーシングカーに変身。

搭載エンジンは、4.0リットルV型8気筒ツインターボ。コスワース製のエンジンマネジメントシステムを採用し、最大出力600psレベルを引き出す。車両重量は1300kg以下。2014年シーズンのブランパン耐久シリーズに、実戦投入される予定となっている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集