アウディ A8 改良新型、世界初のLEDヘッドライトを予告

ドイツの高級車メーカー、アウディが年内に大幅改良を施す予定の最上級サルーン、『A8』。その特徴装備の一部が明らかになった。

自動車 ニューモデル 新型車
アウディA8に採用するマトリックスLEDヘッドライトの予告スケッチ
  • アウディA8に採用するマトリックスLEDヘッドライトの予告スケッチ
ドイツの高級車メーカー、アウディが年内に大幅改良を施す予定の最上級サルーン、『A8』。その特徴装備の一部が明らかになった。

これは6月28日、アウディが明らかにしたもの。「新しいA8には、アウディマトリックスLEDヘッドライトを採用する」と発表している。

アウディといえば、自動車にLEDライトを採用した草分け的存在。中でも、2009年12月にデビューした現行A8には、アウディ初のフルLEDヘッドランプを装備した。ロー&ハイビーム、ポジションランプなど、ヘッドランプのあらゆる機能に消費電力が少ないLEDが使われている。

そのA8が大幅改良の目玉装備のひとつとして用意するのが、アウディマトリックスLEDヘッドライト。これはハイビームに導入するもので、左右のヘッドライトには、各25個のLEDを5グループに分けてレイアウト。各グループで、個別に光量を調整できるのが特徴だ。

さらに、アウディマトリックスLEDヘッドライトでは、対向車や先行車を検知して、相手がまぶしくないように自動的に光量を調整。なおかつ、他車がまぶしさを感じない方向には、ハイビームで照らし続けるという使い方を可能にした。

アウディは、改良新型A8のヘッドライトの予告スケッチを公開。「世界初の照明技術。自動車のライト技術に新たな1章が始まる」と説明している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集